ビットコインの送金方法と手数料について

ビットコインは海外にいる人に送金をすることも可能です。
送金をするときに必要なものは自分のビットコインウォレットと、送金先となる相手のビットコインアドレスが必要になります。
取引所によっては送金で手住料が発生することもあるので、送金をする前に確認をしておきましょう。

・ビットコインの送金方法は?
ビットコインの送金方法はとても簡単で、自分が利用している取引所にログインした後、相手を指定してビットコインを送金するというやり方になります。
送金方法の流れとしてはログイン後に入出金を選択し、送る相手のアドレスを入れて送金する数量と優先度、暗証番号を入力します。
送る相手のアドレスは間違えのないように入力をしないと、相手にビットコインを送れないという問題が発生してしまうので注意しましょう。
なので、相手のアドレスが間違っていないかをよく確認してから、数量や優先度などを考えるのがおすすめです。

・送金の手数料は優先度でも高くなる!
ビットコインを送金するときは、優先度を選択できるのが特徴です。
優先度というのは処理のスピードを表すもので、ネット上では「バイナンス」と言われています。
ビットコインを早く送金したいという場合は、優先度を高めて送金をしたほうがいいと思います。
しかし、早く処理をしなくてもいいという場合は普通で送り、追加手数料がかからないように送金した方がいいと思います。
優先度は普通、やや高い、高い、最高というレベルから選ぶことが出来ます。
優先度が高くもっとも早く処理をしてほしいという場合の手数料は、大体0.0020BTC程度の追加手数料がかかると覚えておきましょう。
手数料を抑えたいという場合は少し前もってビットコインを送金するようにして、優先度を普通にして送るのがおすすめですよ。

ビットコインを送金するときは手数料がかかり、プラスで追加手数料を支払えば優先して送金してもらうことが出来ます。
送金する前に相手のアドレスやビットコインを送る数量、優先度をよく確認をしてから送るようにしましょう。
送金をした後は取引記録を確認し、間違っていなかったかも確認をするのがおすすめです。
送金手数料は各取引所によって異なるので、自分が利用している取引所を利用して送金をする場合はいくらかかるかを計算してから送金をするのがおすすめです。
手数料を確認しないまま送金したり、優先度を高めてしまうとこんなにも手数料がかかってたの?ということにもなり兼ねないのであらかじめ確認をしてから送金をしましょう。