ビットコインの取引所で行われている仕組みとは?

ビットコインは投資や換金、送金ができることは分かったけど、どんな仕組みでビットコインが成り立っているのかが分からないという人ってとても多いと思います。
仕組みが分からないと不安だという人もたくさんいると思うので、ビットコインの仕組みに関してご説明していきたいと思います。

・ビットコインの仕組みは?
ビットコインを始めるにあたり、まずは取引所を選択してビットコインが利用できるようにする必要があります。
取引所は国内だけでなく海外にもあり、海外の取引所の特徴としては取り扱い通貨の種類が多いことです。
そもそもビットコインはどのような仕組みで行われているのかご存知ですか。
ビットコインが採用している仕組みはブロックチェーン技術やプルーフオブワークシステム、マイニングによるもので成り立っています。
ブロックチェーンというのは取引を記録する帳簿を意味していて、この情報をみんなで監視しあいながら通貨の偽造や二重払いを防げるという仕組みで、プルーフオブワークシステムと合わせることでビットコインの改ざんを防いでくれます。
また、ブロックチェーンは取引データから個人情報が洩れることはないので、大事な情報が盗まれたり流出する危険性はありません。

・マイニングって何?
ビットコインではマイニングの仕組みでビットコインを受け取ることが出来ます。
ビットコインの取引は24時間365日行われていて、膨大な記録を計算して追記する作業を手伝うことでお礼として、ビットコインをもらえるという仕組みです。
この作業を手伝うことで安全性や信頼性を高める報酬を得ることをマイニングと言います。
これにより、ビットコインを安心して仮想通貨の利用できるという仕組みにより、ビットコインが成り立っています。
マイニングによる報酬はシステムの都合上、もらえる報酬が減少することもあり「半減期」として一気に報酬が少なくなることも考えられるので覚えておきましょう。

このようにビットコインはブロックチェーン技術やプルーフオブワークシステム、マイニングなどの仕組みで出来ています。
こういった部分を見てみると、利用しているユーザーによって支えられているということが分かります。
2009年にビットコインが始まったときのマイニングは50BTCでしたが、2017年のマイニングの報酬は12.5BTCと下がっているのを考えると、2020年にはさらに半減期が発生し報酬が6BTC程度になるのではないかと考えられています。